JA長崎せいひ

経営理念

PHILOSOPHY

JA長崎せいひの「ありたい姿」

10年後の目指すJAを描き、経営理念と経営ビジョンを明確にし、重点取り組み方策を定めて、組合員、役員、職員が総力を結集して取り組みます。

経営理念

JA長崎せいひは、食と農を大切にし、安心と信頼を満たす活動により、豊かな地域社会を確立し、「組合員・地域住民にとってより身近な JA」「人と人のつながりを大切にする JA」を目指します。

「使 命」

・農業を通じて「食」と「農」と「緑」を守り、かけげえのない自然を次世代へ引き継ぎます。

「共 生」

・地域のみなさまと共に生き、地域のみなさまとの共感の中で、心触れ合う地域づくりに取り組みます。

「貢 献」

・高い倫理観と責任感を持ち、地域社会に貢献できる事業と組織づくりを目指します。

基本ビジョン

① 農業振興と地域社会への貢献

JA長崎せいひは、「夢と活力のある農業・地域社会」の実現のため、地域特性を生かした農業振興と心の豊かさを実感で来る生活環境の提供に努めます。

② 組合員と利用者の満足度向上

JA長崎せいひは、JAが提供するサービスの質を高め、組合員と利用者のニーズに応えた、真心の困った商品・サービスの提供に努めます。

③ 信頼と期待に応える経営

JA長崎せいひは、「強じんな経営体質」と「透明感のある組織運営」を構築するため、財務体質の健全性向上に努め、リスク管理体制の確立とコンプライアンスを重視した職場づくりに取り組みます。

行動計画

ACTION PLAN

女性活躍推進法に基づく

JA長崎せいひ 行動計画

女性管理職を増やすことを目的とし、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間:
平成31年4月2日~令和4年4月1日

2. 当組合の課題

  • ①女性管理職が少ない。
  • ②女性の平均継続勤務年数が少ない。
    • 採用女性割合は一定水準に達しているが、継続勤務年数の男女差が多く、管理職に占める女性割合も低い。
    • 管理職を目指そうと考える女性や、定年まで勤務しようという女性が少ない。

3. 定量的目標

  • 女性管理職を15名以上にする。

4. 取組内容

  • 女性監督者を対象としたキャリア意識の醸成、管理職養成等を目的とした研修への参加。
    • ①平成31年4月~ 外部研修へ女性監督職を参加させ、女性の能力開発を図る。
  • 女性が家庭と仕事を両立できるよう、長時間業務への偏った体制を見直す。
    • ①平成31年4月~ 業務の優先順位付けや業務分担を見直し、業務の効率化を図る。
    • ②平成31年4月~ 管理職が部下の残業を管理し、残業時間を抑制させる。

女性活躍推進法に基づく

(1) 管理職に占める女性労働者の割合 :7.0%
(2) 採用した労働者に占める女性労働者の割合 :正規職員 48.3% 、非正規職員 73.9%
(3) 労働者の一月あたりの平均残業時間 :正規職員 6.2時間、非正規職員 5.8時間

次世代育成支援対策推進法に基づく

JA長崎せいひ 行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間:
令和2年7月1日~令和5年6月30日までの 3年間

2.内容

目標1

計画期間中に育児休業の取得率を、女性は90%以上、男性は1名以上とする。

<対策>

  • 内部会議、掲示板等で周知・啓発を実施する。(令和2年7月~)
  • 女性職員は勿論、対象となる男性職員及び所属長へ個別に制度利用を案内する。
    (令和2年7月~)

目標2

子供の出生時に、父親が取得できる特別有給休暇の利用を促進する。

<対策>

  • 掲示板等を利用し、既存制度を周知させる。
    (令和2年7月~)
  • 対象者及び所属長へ個別に制度利用を案内する。(令和2年7月~)

目標3

年次有給休暇の取得促進のための措置を講じ、有給休暇取得率を向上する。

<対策>

  • 絆の日【毎週第2水曜日】と食卓の日【毎月19日】の周知徹底を行う。(令和2年7月~)
  • 呼びかけ等により、職員の所定外労働時間削減に対する意識を高める。また、適正な労務管理、業務内容の把握を行い、効率的な業務遂行の意識付けを行う。(令和2年7月~)

当JAは、上記項目に留まらず、必要に応じて仕事と家庭の両立支援並びに雇用環境の整備につながる施策の検討・実施を積極的に取り組んでいく。

平成31年4月2日