おしらせ

 

 

JA長崎せいひ職場紹介動画

YouTubeへリンク

 



  

 投稿日時: 2019-12-06 (18 ヒット)

笑顔で交流しながら食事を楽しむ部員と参加者ら

   女性部三重支部は10月16日、長崎市三重田町の三重田公民館で70歳以上を中心とした高齢者を招待し郷土料理をふるまった。高齢者17人が味わいながら交流を楽しんだ。
活動を始めて約20年。1年に1回実施する。長崎市三重地区を7つのエリアに分けて順に回り、同町で開くのは3回目となる。「これまで苦労して地域を支えてきてくれたご老人の方々を招いてご馳走しよう
という思いで始めた」と増村あつ子部長は話す。コンニャクやニンジン、ゴボウ、ジャガイモなど具だくさんの郷土料理「つぼき」をはじめ、彩り豊かな煮しめ、天ぷら、漬け物などが並んだ。デザートも数種類のゼリーや淡雪寒天、旬の温州ミカンを用意。参加者は「こんなにたくさんの料理を私たちのために作ってくれてありがたい。とてもおいしい」と部員らに感謝した。
参加者は老人会や年金友の会に呼び掛けて募った。地域の人が呼び掛け合って普段はJAを利用しない人たちも訪れ繋がりができた。増村部長は「部員の協力があって毎年開催できている。私たちも年を重ねていくけれど、できる限り続けていきたい。そのためにも若い世代を集めることができれば」と活動継続への意気込みを語った。
 


2019-12-04 単位収量1位に竹島和之さん。いちご部会優良農家表彰
2019-12-02 目標は販売金額11億円【いちご部会総代会】
2019-11-27 塩害からの回復目指す【日吉いちご部会】
2019-11-22 極早生ミカンの出荷スタート【柑橘部会】